【エプソムC】サトノフラッグ 国枝師から素軽さとやる気に注文も…戸崎は好感触

2021年6月10日 05:30

<エプソムC追い切り>戸崎を背に併せで追い切るサトノフラッグ(左)=撮影・村上 大輔

 サトノフラッグは戸崎を背にWコースで併せ馬。馬なりのアンティシペイト(4歳3勝クラス)と併入したが脚色で見劣った。1Fは12秒8。「悪くはないけど、もう少しピリッとしてほしい。ディープインパクト産駒らしい軽さとやる気がもうひとつ…」。国枝師は注文を付けたが戸崎の感触は悪くない。「調教ではボーッとしている面があるが、レースで気持ちが入ってくれれば問題ない。乗りやすいし、順調に調教できているのがなにより」と前向きに捉えた。

 昨年は弥生賞ディープインパクト記念で重賞初制覇を飾り、菊花賞でも3着に好走。全妹サトノレイナスのダービー(5着)挑戦でも話題を集めた血統だ。戸崎は「自分でもまだ長所をつかめていないが、後ろから行けば距離の融通も利くと思う。反応も悪くないし、道悪もそんなに苦手とは思わない」と望みは捨てていない。

特集

2021年6月10日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示