【エプソムC】アルジャンナ 重賞初Vへ必勝仕上げ、新馬戦白星の弟に兄の威厳見せる

2021年6月10日 05:30

<エプソムC追い切り>坂路単走で好仕上がりをアピールしたアルジャンナ=手前(撮影・亀井 直樹)

 「第38回エプソムC」(13日、東京)の追い切りが9日行われ、このレースと相性のいい池江泰寿厩舎のアルジャンナ(牡4)が軽快に動いた。

 兄の威厳を見せるか。先週の東京で鮮烈デビューVを飾ったコマンドラインはアルジャンナの全弟。単勝1・1倍に応え、府中のマイル戦を問答無用に突き抜けた。今回の鞍上は同じルメール。マスコミの話題はどうしても血統面に及ぶが、池江師は一笑に付す。

 「それは人間が勝手に思っていること。本人(馬)は知らないから。オレはディープの子供だからとか、思っていないでしょ?」

 弟に刺激され…はファンの空想に違いない。それでも非凡な血統であることは確か。アルジャンナ自身、デビュー2戦目の東スポ杯2歳Sでコントレイルの2着。きさらぎ賞3着から毎日杯2着とクラシック戦線で首位争いを演じた。

 必勝を期すエプソムCの追い切りは坂路。助手騎乗で軽めを予定していたが、単走ながら4F51秒3~1F12秒6の速い時計が自然に出た。素晴らしい前進気勢。勝利を渇望する気持ちの表れか。動きを確認した池江師は満足げだ。

 「もう結構、出来ているけど、今朝は馬なりで気分良く走らせて、いい時計だった。動きも良かったね」

 2着に入った前走マイラーズCよりワンランク上。先週の時点で坂路自己ベストの4F51秒2で動いているのだ。昔風に言えば、譲らない必勝仕上げ。あとは自分との闘いになる。

 「元々、前進気勢の強い馬。競馬でもその辺が課題になるでしょう。距離が延びるのはいい。うまく脚をためて、この馬らしい末脚を生かせれば」

 府中の芝1800メートルは東スポ杯2歳Sでコントレイルに5馬身ぶっちぎられたが2着は確保。コース相性が悪いはずがない。

 「相手はのちの3冠馬だからね。この馬もいい時計で走ったように2歳時からいいモノを持っていたし、ようやく復調してきた」

 池江厩舎は過去このレース2勝、18年から3年連続で馬券に絡んでいる好相性のG3だ。骨折休養を挟み、復帰3戦目のここで初タイトル奪取なら壮大な夢が広がる。飛躍を期す兄が弟に続き、存在感を示す。

 《弟コマンドラインは新馬戦快勝》アルジャンナの祖母イヤーリーリポートはデラウェアオークス、ブラックアイドスーザンS、サンタイネスSと米G2を3勝。母コンドコマンドは14年にダート7Fの2歳牝馬限定G1スピナウェイSを13馬身差で圧勝している。その後、ダート9FのG2を2勝して15年秋に引退、繁殖入り。アルジャンナが初子になる。仕上がり早の母系に父ディープインパクトで成長力を強化。2歳下の全弟コマンドラインが先週、東京マイルで新馬戦を快勝した。今週は兄の番だ。

特集

2021年6月10日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示