【根岸S】7歳ソリストサンダー本格化 悲願のG1制覇へ弾みつける!

2022年1月24日 05:30

7歳にして本格化したソリストサンダー

 年初の中山開催が終了し、今週から東京開催。開幕週のメインはダートG3「第36回根岸S」。G1フェブラリーSを目指す砂のスピード自慢が集う。中心はソリストサンダー。昨年の武蔵野Sで6歳秋にして待望の重賞初Vを果たした東京で始動する。高柳大師は「昨年の段階でここからフェブラリーSへと考えていた」と明かす。1週前はCWコースで6F79秒6の好時計をマーク。「順調に調整できているし、寒い時季の方が具合がいい」と好感触。明け7歳だが、ようやく本格化した印象。勝って悲願G1Vへ弾みをつけたい。

 昨年後半に安定した成績を残したオメガレインボー、交流重賞3勝のテイエムサウスダンなど多士済々で見応えありの一戦だ。

特集

2022年1月24日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示