香港最強マイラー、ゴールデンシックスティが安田記念参戦へ オーナーが明かす

2022年4月24日 19:08

 香港シャティン競馬場で24日、チャンピオンズデーのG1の3競走が行われた。今年は地元馬だけでの開催で、日本馬は参戦していない。

 チャンピオンズマイル(芝1600メートル)はゴールデンシックスティ(セン6)が連覇を果たし、G1通算6勝目。通算成績を24戦21勝とした。同馬のオーナーは当地メディアに「安田記念(6月5日、東京)の招待を受け入れた」と語っており、香港最強マイラーの日本遠征の公算が大きくなった。

 チェアマンズスプリントプライズ(芝1200メートル)はウェリントン(セン5)、クイーンエリザベス2世C(芝2000メートル)はロマンチックウォリアー(セン4)が勝った。

特集

2022年4月24日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示