【日本ダービー・1週前追い】サリオス レーンと豪快デモ!折り合い抜群ラスト12秒0

2020年5月22日 05:30

<ダービー1週前追い>レーンを背に併せ馬で追い切るサリオス(手前)(撮影・西川祐介)

 皐月賞2着の雪辱へ。闘志みなぎる豪快デモだ!世代の頂点を決める「第87回日本ダービー」(31日、東京)に出走するサリオス(牡3=堀)が21日、主戦のダミアン・レーン(26)を背にWコースで1週前追い切りを敢行。僚馬を先行する形の意欲的な内容で、万全な仕上がり具合をアピールした。

 打倒コントレイル。東の横綱サリオスが攻めに攻めている。1週前はレーンを背に本番と同じ左回りのWコース(やや重)で追い切られた。調教駆けする僚馬ルーカス(5歳3勝クラス)を2馬身先行してスタート。道中の折り合いは抜群。行きたがるそぶりは一切ない。直線では内から並びかけた僚馬とびっしり併せ馬を消化した。終始大外を通って5F66秒3~1F12秒0。先行して粘り強く併入に持ち込む内容はまさに仮想ダービーだ。

 担当の森助手が豪快デモの意図を説明する。「3週連続でレーン騎手に乗ってもらい、1週前なのでさらに強い負荷をかけました。相手は動く馬ですし、この馬も時計なりに動けていました。息遣いも今日の追い切りで良くなってくると思います」。中間は在厩のまま、タフなレースだった皐月賞からのダメージ回復を最優先に調整してきた。入念なケアが奏功。決戦に向けて強い負荷をかけられる状態に戻っている。

 コントレイルとのライバル対決は府中2400メートルに舞台が移る。森助手は「皐月賞で手前を(右手前のまま)替えなかったのは少し意外でした」と話す。普段のサリオスは左手前で走りたがるといい、新馬戦やこの日の追い切りも終始、左手前で走っていた。しかし、皐月賞では直線に入っても“得意”の左手前では走らなかった。2歳時にサウジアラビアRC(東京)でレコード勝ちしているように、左手前でコーナーを回る左回りコースでこそ本領を発揮するタイプかもしれない。距離延長についても「やってみないと分からない部分はありますが、前走の内容を見てもこなせるのでは」と自信たっぷり。日本競馬のチャンピオンコースこそ逆転の絶好舞台だ。

 「ダービーという舞台は選ばれた18頭が集まる。コントレイルはもちろん強い馬。厩舎としてはこの馬の力を出し切れるよう努めていくだけです」と同助手。雌雄を決する一戦へ。東の総大将は静かに、熱く燃えている。

特集

2020年5月22日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示