【ローズS】シャムロックヒル 父キズナの背中追う「いかにも長距離向き」

2020年9月16日 05:30

 【東西ドキュメント・栗東=15日】トレセンは一気に秋ムード。早朝の気温は16度まで下がった。寺下は長袖に衣替えしたが、それでも寒い。心温まる話題がないかと調教スタンド前で待機していると「印、ついているかな?」と、報道陣の前に佐々木師が現れた。ローズSに送り込むシャムロックヒルは札幌で連勝して重賞に挑戦する。「こっちに戻ってきてからも順調。期待していた馬だし、軌道に乗ってポンポンといければ」

 先週の紫苑Sは同じキズナ産駒のマルターズディオサがV。キズナを管理していた師は「思わず、応援したよ。産駒は成長力もあるし、タイプは違うけど母のいいところを出しているんじゃないかな」と目を細める。その直後、調教を終えたシャムロックヒルが目の前を引き揚げていく。「キズナには似ていないけど、いかにも長距離向きやな。しぶといタイプだし、左回りの方が真っすぐ走れる」と締めくくった。キズナ産駒は4頭がエントリー。今週も同産駒に注目しよう。

特集

2020年9月16日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示