【AR共和国杯】オーソリティが優勝 骨折明けの復帰戦制し重賞2勝目

2020年11月8日 15:51

<第58回アルゼンチン共和国杯>レースを制したオーソリティ(右端)=撮影・郡司 修

 ハンデ重賞「第58回アルゼンチン共和国杯」(G2、芝2500メートル)は8日、東京競馬場で行われ、ルメール騎乗の2番人気オーソリティ(牡3=木村、父オルフェーヴル)が直線力強く抜け出し優勝、古馬との初対戦で5月の青葉賞以来の重賞2勝目を飾った。勝ちタイムは2分31秒6。

 1馬身1/2差の2着にラストドラフト、さらにクビ差の3着にサンアップルトンが入った。

特集

2020年11月8日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示