【ファンタジーS】メイケイエール 2歳レコードVで無傷3連勝!武豊も驚き「相当、能力がある」

2020年11月8日 05:30

<ファンタジーS>直線外から鮮やかに差し切り3連勝のメイケイエール(左)(撮影・亀井 直樹)

 7日、2歳重賞が東西で行われ、阪神の牝馬G3「第25回ファンタジーS」は、小倉2歳Sの覇者・メイケイエール(武英)が好位から抜け出して2歳日本レコードでデビュー3連勝。1番人気に応えた。東京のG2「第56回京王杯2歳S」は2番人気モントライゼ(牡=松永幹)が2番手から抜け出して重賞初制覇。同馬は小倉2歳S2着で、今年の同レースのレベルの高さを証明した。

 2000人以上のファンが戻ってきた阪神競馬場のスタンド前。メイケイエールが外から伸びてきた。武豊の左ステッキに応えて先頭に立つと、ゴール前、迫るオパールムーンを抑えてV。1分20秒1は06年のファンタジーSでアストンマーチャンが記録した1分20秒3を上回る2歳レコード。武豊は苦労しながらつかみ取った勝利をかみしめる。

 「前半から力んで夢中になって走っていた。なだめようとしたが、抑えが利かず。普通ならダメになるパターン。相当、能力がありますね」

 名手も驚くほどのポテンシャル。スタートしてから中団を追走するも我慢できず、3コーナー手前では好位直後まで浮上。「あれだけロスして厳しいかと思ったが、最後まで持つのは凄い」と振り返る。

 鞍上のはとこに当たる武英師も「凄くうれしいが、課題の残るレースになった」と複雑な表情。「理解力があってお利口さんなんだけど、レースは一生懸命走るものだと思っているみたい」と性格を分析した上で「G1に向けて、どう調整していくか。いろいろ試していきたい」と阪神JF(12月13日、阪神)を見据えた。

 過去2年のファンタジーSを制したダノンファンタジー、レシステンシアは阪神JFを勝ち、2歳女王に輝いた。距離延長に向けて、武豊は「折り合いひとつ。前半ゆったり走れれば、千六まで大丈夫」とジャッジ。指揮官は「ソダシ(同じ3戦3勝)の近親だし、一緒に戦えるのも楽しみ」と意気込みを語った。

 ◆メイケイエール 父ミッキーアイル 母シロインジャー(母の父ハービンジャー)18年2月23日生まれ 牝2歳 栗東・武英厩舎所属 馬主・名古屋競馬 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 戦績3戦3勝(重賞2勝目) 総獲得賞金6780万5000円 馬名の由来は冠名+応援。

特集

2020年11月8日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示