【AR共和国杯】傾向と対策

2020年11月8日 05:30

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆ハンデ 56キロが【6・2・0・17】と圧倒的な成績。55キロ【1・4・5・23】、57キロ【2・1・0・18】が続いている。16年には58キロのシュヴァルグランが優勝しているが、54キロ以下の軽量組は未勝利。

 ☆前走 前走G1組が【3・1・1・7】と強い。内訳は宝塚記念2勝、ダービー1勝。G2組も【3・5・1・56】とそこそこ。ハンデ戦ではあるが、実績上位を素直に信頼したい。

 ☆人気 1番人気【3・2・1・4】、2番人気【4・1・0・5】、3番人気【2・1・5・2】。上位勢がしっかり結果を残しており、過度な穴狙いは禁物。

 結論 ◎メイショウテンゲン ○ユーキャンスマイル ▲サンレイポケット

特集

2020年11月8日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示