17年川崎記念の覇者オールブラッシュ引退して乗馬に 「サラブレッドオークション」上場は見送り

2021年1月5日 20:46

オールブラッシュ(右)

 17年川崎記念の覇者オールブラッシュ(牡9=大井・藤田、父ウォーエンブレム)の引退が決まった。

 所有する社台レースホースが発表。今月7日に開催される今年最初の「サラブレッドオークション」に上場されるプランもあったが健康状態と年齢を考慮して社台ファーム(北海道千歳市)で乗馬になる。昨年10月の埼玉新聞栄冠賞7着後、連覇が懸かる年明け3日の報知オールスターカップに照準を合わせていたが腰の疲れで回避した。通算43戦8勝。JRA在籍時代に17年川崎記念、18年浦和記念を勝っている。

特集

2021年1月5日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示