【京成杯】プラチナトレジャー、2戦連続重賞挑戦 国枝師「楽しみ」

2021年1月12日 05:30

 プラチナトレジャーは東京未勝利戦V後に挑んだ前走・東京スポーツ杯2歳Sで4着。中団からしぶとく伸びて、勝ったダノンザキッドから0秒4差で頑張った。国枝師は「前走は重賞だからね。強い相手によく食らいついた」とJRA賞最優秀2歳牡馬相手の健闘を称えた。2戦連続の重賞挑戦。「(初の)中山は問題ないし、2000メートルも大丈夫でしょう。今回のメンバーなら楽しみ」と初タイトルを見据えている。

特集

2021年1月12日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示