【京成杯】タイソウ坂路でキビキビ 西園師「いい動きでした」

2021年1月13日 15:15

昨年12月、デビュー戦を飾ったタイソウ(左端)

 17日に中山競馬場で行われるG3「第61回京成杯」の追い切りが13日に行われ、タイソウ(牡3=西園、父モーリス)は4F53秒6~1F12秒3をマーク。西園師は「いい動きでした。前走の上がり2ハロンは11秒台のラップ、勢いがついてからは低い姿勢でよく伸びた」と初戦の中身を高評価。先週のシンザン記念は新種牡馬モーリス産駒のワン・ツー。この勢いに乗って重賞制覇を狙う。

特集

2021年1月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示