【日経新春杯】クラージュゲリエ 陣営安ど「爪の具合いい」

2021年1月13日 05:30

 18年京都2歳Sの覇者クラージュゲリエが2年2カ月ぶりの勝利を狙う。爪の不安で3歳春から長期休養を強いられたが、休み明け2戦目のアンドロメダSでアドマイヤビルゴから首差の2着。衰えていないことを証明した。橋口助手は「今は爪の具合がいいし走りに影響はない」と安どの笑み。1週前追いは追ってからが重苦しかったが「元々、攻めは動かない馬。それでもレースでは走っているから」と結び、実戦での好走を約束した。

特集

2021年1月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示