【中京新馬戦】リノユニヴァースV 福永「潜在能力で勝ってくれた」

2021年1月17日 13:32

<中京競馬・4R 3歳新馬>新馬戦を制し、笑顔のリノユニヴァースに騎乗する福永(撮影・椎名 航)

 17日の中京4R新馬戦(ダート1800メートル)は前半1000メートル1分5秒5の緩い流れの中、リノユニヴァース(牡=友道、父ネオユニヴァース)が追い込みを届かせた。福永は「よく勝ち切ってくれました。潜在能力でしょうね」と振り返った。全兄グレンツェントは17年東海Sを含めてダート重賞2勝を挙げている。一方、友道師は「調教で目立った時計も出ていなかったけど、実戦に行って変わってくれました。今後もダートになると思います」と見通しを語った。

特集

2021年1月17日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示