【日経新春杯】ショウリュウイクゾV 団野「大きなレースを勝たせてもらえて本当に嬉しい」

2021年1月17日 16:22

<中京競馬・11R 日経新春杯>日経新春杯を制した団野騎乗のショウリュウイクゾ(右)(撮影・椎名 航)

 17日に中京競馬場で行われたハンデG2「第68回日経新春杯」は7番人気のショウリュウイクゾ(牡5=佐々木)が3番手から抜け出し、格上挑戦で重賞初勝利を飾った。

 鞍上の団野大成(20)はデビュー3年目にして嬉しい重賞初制覇。「年始で大きなレースを勝たせてもらえて本当に嬉しいです。レースもスムーズでいいところから最後も力強く抜け出してきました。直線で手前を替えてもう踏ん張りして、力強い伸び脚でした。最後は何とかしのいでくれと思って、ガムシャラに追っていました。この勝利に甘んじず、日々精進して頑張っていきたいと思います」と喜びを語った。

特集

2021年1月17日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示