【中山牝馬S】ミスターX ランブリングアレー◎ 今がまさに充実期

2021年3月13日 05:30

 中山牝馬S(中山11R)は、充実期を迎えつつあるランブリングアレーを本命視する。父はディープインパクト、母は10年フローラS3着やオークス7着と活躍したブルーミングアレーという良血馬だ。2歳時の白菊賞ではラヴズオンリーユーの2着、フラワーCではコントラチェックの3着など、のちの重賞馬相手に善戦した素質馬でもある。

 昨年6月にオープン入りし、次走・小倉記念では、一旦先頭に立ったが、前にいた馬には厳しいハイペースの中でも6着と踏ん張った。その後のカシオペアSでは好位から抜け出してきっちりV。前走・愛知杯は勝ち馬にこそ敗れたが、後続は3馬身突き放しての2着と力は示した。今がまさに充実期。引き続き好調ムードで、ここも好勝負が期待できる。(13)から(5)(6)(7)(9)(15)。

特集

2021年3月13日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示