【ジャパンC】ユーバーレーベン 心身ともに成長、陣営「相手は強くなるけど条件は合う」

2021年11月24日 05:30

 秋華賞13着から挑むユーバーレーベンは坂路で軽めのキャンター(4F67秒4)を消化した。大村助手は「前走後も順調に来ています。心身ともに成長している」と手応え。東京2400メートルは今春のオークスを制した舞台。「距離はあった方がいいタイプ。相手は強くなるけど今回の条件は合う。どれだけやれるか楽しみ」。父ゴールドシップ譲りの持久力に託した。

特集

2021年11月24日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示