【ジャパンC】コントレイル 福永「3冠馬の名誉守るため」有終V誓う

2021年11月24日 05:30

厩舎内で運動するコントレイル

 【いざ、最終決戦(3)】熱い思いがこみ上げる。ジャパンCを最後に現役を引退する3冠馬コントレイル。主戦の福永はキャリア10戦のうち、9戦で手綱を取った。ともに過ごした時間は生涯の宝物。福永は「感謝していますよ。思い出はたくさんあるし、それだけ濃密だったということ。僕もいい経験ができました」と振り返る。

 デビュー8戦目にして初黒星を喫した昨年のジャパンC。道中9番手から上がり3F34秒3と出走メンバー最速の脚を繰り出したものの勝ち馬アーモンドアイに1馬身1/4届かなかった。「あれが今までで一番きついレースでした。あの一戦で(レースに対して)ネガティブな印象を持ったのかも」。その後は大阪杯3着、天皇賞・秋2着と勝ち星から遠ざかっている。

 一昨年9月の新馬戦から昨年の菊花賞まで無敗7連勝。走ることが大好きだった、あの頃を思い出してほしい。福永は「3冠馬としての名誉を守るためにも最後は勝って締めくくりたい。自分ができるベストを尽くします」と力を込めた。名馬と歩んだ最高の物語をハッピーエンドで完結させる。

特集

2021年11月24日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示