菜七子、調教騎乗再開 1カ月半ぶり 「すぐに感覚が戻りました」 “復帰V”への意欲も

2021年11月27日 09:16

藤田菜七子

 10月17日の新潟2R騎乗中に左鎖骨を骨折し、戦線を離脱していた藤田菜七子(24)が27日朝、美浦トレセンで調教騎乗を再開した。夜明け前の午前4時30分のコース開場から精力的に騎乗。所属する根本厩舎の管理馬3頭の調教をつけた。坂路やWコースではキャンターも行い、順調な回復ぶりをアピールした。

 約1カ月半ぶりの騎乗に、藤田は「最初にまたがった時は凄く久しぶりな感じがしましたが、1頭乗ったらすぐに感覚が戻りました」と、まずは安どの表情。「リハビリやトレーニングは積んできたが、やはり1頭の馬に乗ることの大切さが分かりました」と笑顔を見せた。

 今後は12月4日に開幕する中京開催からの実戦復帰を予定。新型コロナによる制限が緩和され、騎手の口取り式(優勝馬の記念撮影)参加も再開。藤田は「競馬場にお客さんが徐々に戻り始めているし、早く勝って口取りの写真を撮りたいです」と“復帰V”への意欲を口にした。

特集

2021年11月27日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示