【ジャパンC】(7)オーソリティ 軽い脚さばきで本番へ準備着々

2021年11月27日 05:30

 オーソリティは坂路をリズム良く登坂。軽い脚さばきで4F61秒4~1F14秒2を計時した。その後はダートコースをゆったり流して本番に備えた。木村師は「元気いっぱいにゲートを飛び出していってくれるように、僕たちの方が段取りを組めれば。ルメール騎手も厩舎の馬にたくさん乗っていただいて、いろんなことを分かってくださっていて、信頼していただけていると勝手に思っている」と話した。

特集

2021年11月27日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示