【中日新聞杯】トラストケンシン 課題は輸送のみ、高橋文師「直線の長いコースはいい」

2021年12月8日 05:30

 トラストケンシンは参戦予定だったジャパンCが除外となり、2週スライドで中日新聞杯に出走。前走・甲斐路Sは直線で外から豪快に伸びてV。高橋文師は「良くなってますね。毛ヅヤもいいし、左右のバランスもいい。もたれなくなった。走っている本人もストレスなく走れている」と目を細める。中京芝は初参戦。「直線の長いコースはいい。輸送に課題はあるので、その辺りがうまくいければ」と前向きだった。

特集

2021年12月8日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示