【カペラS】リュウノユキナ 石橋と新コンビ、小野師「1F短縮は好材料」

2021年12月8日 05:30

 リュウノユキナは先週負傷した主戦・柴田善が今週の騎乗を見合わせるため、石橋と新コンビを組む。前走・JBCスプリント(金沢)は5着。小野師は「ワンターンならまた違ったが、コーナー4回の小回りは向かなかった。1F短縮は好材料だし、順調にきている。そんなに簡単な馬ではないので、ジョッキー(石橋)が最終追いでつかんでくれれば」と手応え。交流重賞2勝の実績馬が念願のJRA重賞Vに挑む。

特集

2021年12月8日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示