年度代表馬はエフフォーリア!3歳牡馬の受賞はオルフェーヴル以来10年ぶり

2022年1月11日 15:25

有馬記念を制した横山武騎乗のエフフォーリア

 2021年度JRA賞受賞馬選考委員会が11日、各賞を発表。年度代表馬には年間G1・3勝のエフフォーリア(牡3=鹿戸、父エピファネイア)が選出された。次点のラヴズオンリーユーを抑え、記者投票総数296票中277票を獲得した。牡馬の選出は17年キタサンブラック以来4年ぶり、3歳牡馬では11年オルフェーヴル以来10年ぶり。得票率93・6%で文句なしの受賞となった。

 エフフォーリアはデビューから横山武史(23)とコンビを組み、無傷4連勝で皐月賞を制覇。続くダービーは10センチ差の激闘の末にシャフリヤールの2着に敗れたが、天皇賞・秋では1歳上の無敗三冠馬コントレイル、2歳上の女傑グランアレグリアを破り現役最強の称号を得た。暮れの有馬記念は、ファン投票歴代最多26万742票の期待に応えて快勝。3歳で天皇賞・秋、有馬記念を制したのは父の父シンボリクリスエス以来19年ぶり史上2頭目の偉業だった。3冠馬以外の3歳牡馬が年度代表馬に選ばれたのは、そのクリスエス以来。この日、馬主のキャロットファームが22年の始動戦に大阪杯(4月3日、阪神)を予定していることを発表。春は国内専念の方針で、絶対王者としてライバルを迎え撃つ1年となる。

 ▽各賞の受賞馬
 最優秀2歳牡馬=ドウデュース
 最優秀2歳牝馬=サークルオブライフ
 最優秀3歳牡馬=エフフォーリア
 最優秀3歳牝馬=ソダシ
 最優秀4歳以上牡馬=コントレイル
 最優秀4歳以上牝馬=ラヴズオンリーユー
 最優秀短距離馬=グランアレグリア
 最優秀ダートホース=テーオーケインズ
 最優秀障害馬=オジュウチョウサン

特集

2022年1月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示