【根岸S】戦い終えて

2022年1月31日 05:30

 ▼4着ジャスティン(坂井)ここ数戦よりもいい状態だった。スムーズに運べばまだやれるところを見せてくれた。

 ▼5着オメガレインボー(横山和)前回から着けているブリンカー効果で返し馬からピリピリしていた。狭い所で集中力を維持して、うまくレースを進められたが…。

 ▼6着タイムフライヤー(M・デムーロ)直線で手前(軸脚)を替える所で、バランスを崩してしまった。最後にいい脚を使っただけにもったいなかった。

 ▼7着モジアナフレイバー(真島大)出脚がつかなかった。道中は良かったし、ラストも伸びているが…。今後も(中央競馬に)挑戦したい。

 ▼8着スリーグランド(岩田望)メンコを外したので反応が良くなった。直線で内を突いて、砂をかぶる形になってしまったが、じわじわ伸びている。

 ▼9着ソリストサンダー(戸崎)勝ち馬の後ろをリズム良く行けたが、勝負どころで追走できなくなった。

 ▼10着エアアルマス(ルメール)ちょうどいい位置(中団)にいたが、ずっと同じペースだった。

 ▼12着レピアーウィット(大野)久々の1400メートルで忙しい感じだった。慣れてくれば…。

 ▼13着サクセスエナジー(石川)一瞬グッと来たが、伸び切れなかった。58キロもこたえたかも。

 ▼14着オーロラテソーロ(秋山真)ゲートのタイミングが合わず出遅れたのがこたえた。流れに乗れなかった。

 ▼15着トップウイナー(横山琉)流れに乗れたが、3、4角で手応えが怪しくなった。

 ▼16着リアンヴェリテ(国分恭)他が速くて自分の形(逃げ)に持ち込めなかった。

特集

2022年1月31日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示