18年マイルCSを制したステルヴィオ 左前繋靱帯炎で引退、乗馬に 

2022年5月11日 11:10

18年マイルCSを制したステルヴィオ

 18年マイルCSを制したステルヴィオ(牡7=木村、父ロードカナロア)の引退が決まった。サンデーレーシングが発表した。
 年明けのスポニチ賞京都金杯8着後、左前脚の繋靱帯(けいじんたい)炎で休養へ。症状が良化し、14日の京王杯SCでの復帰を目指していたが4月28日に繋靱帯炎が再発。年齢を考慮し、現役を退くことになった。

 通算21戦4勝、うち重賞2勝(18年スプリングS、マイルCS)。今後は乗馬になる。

特集

2022年5月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示