【エルムS】角田和 父と挑む重賞初制覇、ブラックアーメットと「毎日稽古」

2022年8月5日 05:30

角田大和

 2年目の角田大和(20)はエルムSのブラックアーメットで21年CBC賞(プリカジュール=13着)以来、2度目の重賞騎乗。父・晃一師の管理馬での挑戦は初めてだ。「(後輩の今村)聖奈が一発で勝ったし(同い年の)泉谷も昨年重賞を勝っている。今回は父の馬ですし、そうじゃなくても重賞は特別。一発狙いたい」と若手躍進の風に乗り損ねる気はない。

 1年目は20勝。今年は早くも27勝を挙げている。進化を支えるのは探究心。トレセン実習の時期から騎乗フォームの改良を模索。「YouTubeで世界の競馬を何度も見て、スロー再生して木馬で練習して、また動画を見て…の繰り返し」。最初は“格好いいから”という理由で憧れを抱いていたヨーロピアンスタイルの追い方も徐々に板についてきた。

 大先輩のダービージョッキーでもある父の助言も成長の要因。「競馬に乗って、自分でも“ここを突かれるやろうな“と思って帰ったら、やっぱり怒られます。ありがたい環境でできている」。今回の相棒ブラックアーメットには付きっきり。「父からは“力ませないように”と言われています。毎日稽古をつけていい結果が出れば自信になるはず」。気鋭の20歳が北の大地で飛躍のきっかけをつかむか。

 ◇角田 大和(つのだ・やまと)2001年(平13)9月3日生まれ、滋賀県出身の20歳。父である角田晃一厩舎所属で21年3月6日デビュー。同月27日・中京5RのカフジアスールでJRA初勝利。JRA通算923戦47勝(5日現在)。趣味のゴルフは自称「飛ばし屋」。1メートル67、47キロ。血液型B。

特集

2022年8月5日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示