2020年08月02日 札幌11R 第68回クイーンS

3歳上OP 特指 国際 牝馬 別定 芝・1800m
札幌で行われる牝馬限定重賞

第68回 クイーンS

<2019年・クイーンS>直線で抜け出してゴールした川田騎乗のミッキーチャーム=左(撮影・千葉 茂)  Photo By スポニチ

 今週の札幌メイン「第68回クイーンS」(8月2日)でフェアリーポルカが重賞3連勝に挑む。中山牝馬Sを中団から抜け出して重賞初制覇を飾ると、続く福島牝馬Sは後方から差し切り。エリザベス女王杯優勝トゥザヴィクトリーの姪(めい)にあたる良血を4歳で一気に開花させた。

 フラワーC、ターコイズSの重賞2勝馬コントラチェックも初勝利を挙げた札幌の洋芝で巻き返し必至。

 巴賞3着で復調ぶりを示したカリビアンゴールド、福島牝馬S2着リープフラウミルヒも差はない。

 なお、格上挑戦する藤田菜七子騎乗予定のナルハヤも賞金面から出走可能。

 過去10年の結果で傾向を探る(13年は函館で開催)。

 ☆人気 1番人気【5・2・1・2】、2番人気【3・0・1・6】、3番人気【0・1・2・7】、4番人気【0・1・2・7】、5番人気【0・1・0・9】、6~10番人気【2・5・3・38】。上位人気馬が強い。穴なら6番人気以下が狙い目。

 ☆前走 G1【6・4・4・24】、G2【0・0・0・0】、G3【2・3・3・33】、オープン特別【0・1・1・8】、3勝クラス【1・2・2・15】、2勝クラス【0・0・0・13】、海外のレース【1・0・0・0】。前走G1出走馬が活躍。

 ☆年齢 3歳【4・0・1・12】、4歳【3・4・4・26】、5歳【1・6・5・35】、6歳【2・0・0・21】、7歳上【0・0・0・1】。3、4歳馬が活躍。5歳は苦戦。

 結論 ◎ビーチサンバ ○コントラチェック ▲リープフラウミルヒ

WEB新聞

確定版

このレースのニュース

このレースのコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示