アイビスサマーダッシュの枠順が確定!

2021年7月23日 10:35

 19年1着、昨年2着のライオンボスは6枠12番に入った。近年のこの路線の主役だが、前走・韋駄天Sでは9着と初めて馬券圏外に敗れた。ただ10カ月ぶりの千直でトップハンデ58キロと酷な条件が重なった印象で今回は57キロと条件は好転。和田正師も「前走より上がっている。最も力を発揮できる舞台に自信を持って送り出したい」と不安はないとした。

 3枠6番モントライゼは初めての千直に挑む。今年の3歳世代の中で早くから頭角を現し実績も積み重ねてきた。古馬相手でも53キロのハンデを利して番手で競馬を進めたい。4枠7番グレイトゲイナーは近走の安定感を物語るように調教での動きが抜群だった。格上挑戦の一戦だが、夏は格より調子。忘れずに押さえておきたい。

 中の人注目は昨年3着のビリーバー。7枠13番に入った。昨年3着後は、2度このコースを走ったが6着、7着と馬券圏外。しかしいずれも3枠、1枠と内枠克服がかなわなかった。外枠で改めて。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示