AJC杯の枠順が確定!

2022年1月21日 10:40

 先週もヨーホーレイク、ステラヴェローチェが日経新春杯でワンツー。この世代の勢いはまだまだとどまるところを知らない。7枠11番のオーソクレースが続くか。2歳時はホープフルS2着と期待を集めたが、骨折で3歳前半を休養。それでも秋はセントライト記念3着、菊花賞2着と好走し改めて世代トップホースであることを示した。重賞ウィナーの資格は十分。ここを飛躍の足掛かりにGⅠ戦線に名乗りをあげる。

 同じ4歳馬アサマノイタズラもここが2022年の始動戦、2枠2番に入った。前走の有馬記念は16着に敗れてしまったものの、3走前のセントライト記念ではオーソクレース、ソーヴァリアントを下すなど爆発力は侮れない。4枠6番ポタジェは昨秋の実績が光る。毎日王冠3着→天皇賞・秋6着はメンバー的にも大威張りできる。こちらも重賞未勝利だが、いつ勝ってもおかしくないだけに注意したい。
 
 中の人注目は6枠10番のラストドラフト。特殊なコース形態だけに適性によって着順の変動があるイメージの中山2200メートル。このレースは2年連続3着しているだけに、近走不振でも馬券には組んでおきたい。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示