【函館スプリントS】小崎 2年ぶりの北海道で進化見せる!19年惜敗の雪辱へ

2021年6月11日 05:30

2年ぶりに北海道に戻ってきた小崎

 デビュー8年目の小崎が2年ぶりに北海道へ帰ってきた。小崎は「馬にとっても人間にとっても過ごしやすい気候。北海道は最高っすね」とニヤリ。週中は積極的に各厩舎の馬にまたがりスキルアップに励む。

 悔しい思いをした2年前の函館スプリントS。アスターペガサスに騎乗した小崎は“勝てる”自信があった。「馬は抜群に良かったですし、直線は無我夢中でした」。残り1Fでこん身の左ムチ。がむしゃらに追い続けた。しかし、逃げた勝ち馬カイザーメランジェには届かず2着。「悔しかった。レース後は落ち込んだが、今ではいい経験になったと思う」と振り返る。

 北海道でのレースは当時以来。今年はタイセイアベニールに騎乗する。初コンビを組んだ前走・鞍馬Sは絶妙な手綱さばきで馬券圏内にエスコートした。

 「重賞でも決め手は通用する。先行勢がやり合う展開になれば」

 週末の競馬を除き、週中は今月末まで函館に滞在する。小崎は「函館は全国の騎手寮で一番好き。料理が最高においしくて、お風呂は温泉。充実した毎日です」と明かした。心身ともに万全。爽やかボーイが2年で磨いたスキルを見せつける。

 ◇小崎 綾也(こざき・りょうや)1995年(平7)5月13日生まれ、滋賀県出身の26歳。14年に村山厩舎所属でデビュー。現在はフリー。JRA通算2396戦121勝。18年函館2歳S(アスターペガサス)で重賞初制覇を飾った。

特集

2021年6月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示