昨シーズン香港年度代表馬エグザルタント引退…18年香港ヴァーズ、20年QE2などG1・5勝

2021年6月11日 21:17

19年のクイーンエリザベス2世カップで2着だったエグザルタント(1番)。優勝はウインブライト。

 昨シーズンの香港年度代表馬エグザルタント(セン7=クルーズ、父テオフィロ)が11日、香港ジョッキークラブの競走馬登録を抹消され、引退が決まった。

 17年4月にアイルランドでデビューして夏に香港に移籍すると徐々に頭角を現し、18年香港ヴァーズ、19年香港ゴールドカップ、20年クイーンエリザベス2世カップ、19年&20年チャンピオンズ&チャターカップとG1を5勝。3連覇を期して出走した先月23日のチャンピオンズ&チャターカップ3着がラストランになった。

特集

2021年6月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示