【中京新馬戦】プレミアムスマイル 刺激的加速!秘める超速ギア、池添学師「奥ありそう」

2021年6月11日 05:30

刺激的な加速を見せたプレミアムスマイル=手前(撮影・亀井 直樹)

 中京土曜5R(芝1600メートル)の新馬戦でルージュバックの半妹プレミアムスマイルがデビュー。強烈な末脚できょうだいたちの後を追う。

 極上の笑顔を届けよう。良血プレミアムスマイル(牝=池添学、父ロードカナロア)が中京土曜5R(芝1600メートル)でデビューを迎える。母ジンジャーパンチは米G1・6勝。きょうだいにも活躍馬の名前が並ぶ。半姉ルージュバック(父マンハッタンカフェ)はデビュー3連勝で15年きさらぎ賞V。それを含めて重賞4勝、16年にエプソムC勝ち。この季節が似合うかもしれない。半兄ポタジェ(父ディープインパクト)は現役で活躍中。前走の新潟大賞典は首差2着と重賞初Vに手が届くところまできている。

 順調に追い切りを消化してきた。2週連続で西村淳を背に時計を出した。「特に癖もないですし、先週より今週の方が良かったですね。テンションが上がり過ぎている感じもなかったです」。追われるごとに気配は上向き。池添学師も期待を膨らませている。

 「追い切りは坂のあるコースでどれだけ脚が使えるかを確認できました。時計は速くなかったけど、しまいの伸びは良かった。ゲートも速く、瞬発力もありそう。いいトモ(後肢)をしていますし、奥がありそうな馬ですね」

 賛辞の言葉が並んだ。坂路の最終追いは馬なりで4F55秒6と全体時計は確かに平凡だ。ただ、ラスト2Fのラップは13秒9→12秒2と急加速。一気に1秒7も時計を縮めた。相当なギアを持っている可能性を秘める。プレミアムスマイルとは“ジンジャーエールを使ったカクテル”の名前。見る者に刺激を与える末脚で、勝ち名乗りを上げる。

特集

2021年6月11日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示