【ジャパンC】シャドウディーヴァ JC好相性ハーツクライ産駒の5歳が本格化

2021年11月27日 05:30

シャドウディーヴァ

 トレセンの最前線で取材する記者が気になる穴馬に迫る秋の連載企画「G1リベンジャーズ」土曜付に登場するのは先週に続いて、大阪の寺下厚司記者だ。重量面で有利な牝馬の◎シャドウディーヴァで勝負する。先週の本命馬(ホウオウアマゾン)は無念の5着。今週こそリベンジだ!!

 牝馬が強い時代。その後押しになっているのが牡馬との重量差だ。時計の速い決着に対応するためにも、より“軽さ”が求められる。この時期、3歳馬が強いのも古馬との重量差が大きい。3冠馬コントレイルが今年、敗れた2戦の勝ち馬は自身より重量の軽い牝馬と3歳馬だった。そのラストランを止めるのも牝馬の◎シャドウディーヴァだ。

 グランアレグリア、ラヴズオンリーユー、クロノジェネシスと同世代。19年のオークス6着&秋華賞4着は完成度の差で強いライバルに敗れたが、ハーツクライ産駒らしく5歳秋を迎えて本格化ムードが漂う。前走の府中牝馬Sは4角14番手から目の覚めるような末脚で豪快に差し切った。その上がり3Fは最速33秒1。次走でエリザベス女王杯を差し切ったアカイイト(7着)をしのぐ切れ味だった。

 管理する斎藤誠師は「左回りだと伸びが違うね。トモがしっかりしてきて、ようやく気持ちと体が一致してきた」と充実ぶりに目を細める。「オークスは勝ちに行ってちょっとバテてしまったが、今の脚質なら2400メートルも許容範囲」と距離延長にも自信を見せる。1週前には初コンビを組む横山典がまたがり、坂路で4F51秒9~1F12秒1の好タイムをマーク。大一番に強い名手の手綱さばきも魅力だ。

 ジャパンCに出走したハーツクライ産駒の5歳馬は【2・1・0・2】と好相性。17年シュヴァルグラン、19年スワーヴリチャードが05年に鼻差(2着)で敗れた父のリベンジに成功している。血統的にもここが狙い時だ。秋華賞以降の秋G15レースで関東馬は4勝2着3回と関西馬を圧倒。ここも人気は西のダービー馬2頭だが、東の勢いに乗る。

 過去10年のジャパンCでJRA所属の牝馬は【6・2・1・9】の成績(複勝率は50%)。牝馬の切れ味がモノをいうレースだ。華やかな国際舞台でジャパン牝馬が強さを証明する。

特集

2021年11月27日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示