【浜田・東京本社ワンモアトライ】14日札幌10R 上積み十分なセプテンベルの連勝だ

2021年8月14日 08:00

 コスモス賞。例年は開催3~4週目に組まれている2歳オープンだが、今年は6週間の函館開催を挟み、後半の“開幕週”で行われる。前開催からの芝の回復は順調なようで、例年より先行有利となりそう。週末は全国的に悪天候の予報だが、北海道は例外で好天が続く見込み。絶好馬場で時計も速そうだ。

 6頭立てで力差のはっきりしたメンバー。前走の勝ち時計と戦ってきた相手だけを見ればフィフティシェビーが有利だ。でも◎はセプテンベル。初戦の逃げ切りVは時計が平凡だが、騎乗した菅原明は「ずっと物見をしてフワフワ走っていた」と振り返った。それでも後続に抜かせなかったのは能力の表れ。今夏の福島は全体的に芝の時計が掛かっていた。2戦目の上積みがあり、時計は確実に詰められるはず。小柄な牝馬で札幌への輸送を心配したが、芝で豪快に動いた最終追いから問題なし。初戦同様、先手を奪ってマイペースに持ち込めば、簡単には止まらない。(1)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示