【梅ちゃん先生 特別編】6日東京11R セルバーグで穴狙い

【梅ちゃん先生 特別編】6日東京11R セルバーグで穴狙い

2021年11月6日 08:00

 本紙の予想コラムでは京都11R・ファンタジーSのママコチャをイチ推ししたが、東京競馬の狙いは11R・京王杯2歳Sのセルバーグ。

 1990年代に米国の市民権を取得したノルウェー生まれの高名な数学者、セルバーグ博士の名にあやかった。ブリタニカ国際大百科事典によると、「解析的整数論の研究でリーマンのゼータ関数の零点に関して重要な業績を上げた」とのことだが、文系人間には何のことだかさっぱり分からない。ただ、馬のセリバーグの脚力関数なら新馬戦を解析すれば分かる。

 テンからかなり行きたがって掛かり気味に追走しながら、阪神の直線の坂でバテるどころか、二枚腰を使って後続を1馬身1/4突き放した。脚力関数は重賞級だ。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示