【梅ちゃん先生 特別編】4日中山11R セダブリランテスの大駆け

【梅ちゃん先生 特別編】4日中山11R セダブリランテスの大駆け

2021年12月4日 08:00

  本紙の予想コラムでは中京10R・中京スポニチ賞のラブスピールをイチ押ししたが、中山11Rのスポニチ賞・ステイヤーズSはセダブリランテスで穴狙い。

 寒くなるにつれて調子を上げる冬馬。今回は初夏のエプソムC(17着)、残暑のオールカマー(15着)をはるかに上回る気配になっている。

 18年中山金杯を制した実績馬。その後、休みがちだったため7歳でも消耗していない。父ディープブリランテ×母の父ブライアンズタイムの血統なら長距離戦も克服可能だ。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示