ウィンダミア 右回り2回目で前進を期待

2021年12月24日 13:50

◎丸山元気騎手のコメント

今週は土日合わせて8鞍に騎乗します。

ウィンダミア(土曜7R)の前走は初めての右回りで外に張っていましたし、砂を被る競馬も初めて。それでも脚を使って収獲ある内容でしたし、右回り2回目で前進を期待したいですね。

スペシャルドラマ(土曜12R)は休み明け。ずっと調教に乗っていますが、いい頃と比べると少し物足りない感じがあります。ただ、初めてのマイルは悪くないと思うので、地力でどこまでやれるかです。

セイウンシデン(日曜1R)はダートは合っていますね。1200メートルは良いと思うので、前走のように今回も楽に行ければチャンスはあると思っています。


今週も応援をよろしくお願いします。

◎山崎の見解
土曜日
2Rパルタージュ ☆
 新馬戦では中団で流れに乗るも、追ってから一息で10着。前走時より調教を強化した効果でどこまで変わるかだが…。前走2着惜敗のマリノプリエール、使いつつ調教の動きが良くなってきたメイリトルラバー、前走は最後に盛り返す脚を見せたジューンポンポンが上位候補か。

3Rリネンスイング ☆
 ここまで2戦しているが、12着と11着。この馬なりに調教で動けるようになってきたが、ガラリ一変までは…。若さを見せながらも前走2着だったデコラシオン、堅実なニシノメグレス、動きが良くなってきたバラジが上位候補か。

7Rウィンダミア ☆☆
 前走は初めての右回りでスムーズさを欠いたが、それでも中団から脚を使い5着と収獲のある内容。今回はハイペースになりそうなメンバー構成。条件2度目でもあり、末脚が生きる可能性は十分。距離短縮は好材料のタヤスゴールド、相手なりに走れそうなロープスピニング、前走楽勝だったフロイトセンスが上位候補か。

12Rスペシャルドラマ ☆☆
 春には骨っぽい相手と少差の競馬をしており、対戦比較から2勝クラスでも通用する下地は十分。まだ本調子には一息の様子だが、乗り込み量は豊富。地力で上位食い込みを期待。距離短縮で前走楽勝したソウルラッシュ、大崩れがないウインシャーロット、末脚堅実なテンバガーが上位候補か。

日曜日
1Rセイウンシデン ☆☆☆
 前走は初ダートだったが、ハイペースで逃げて3着と適性を示す好内容。中間の動きも良く、距離短縮で粘りが増す可能性は十分。前走ダートで変わり身を見せたテンコウバヒとミンナノユメミノル、距離短縮は好材料のアポロマジェスティが強敵か。

6Rラブシックボッサ ☆
 乗り込み量は十分だが、まだ幼さが残る走り。一度経験してからか。最終追い切りで上々の動きを見せたマンドローネ、中間好時計をマークしているルージュエピス、入念に乗り込まれ好仕上がりのローブエリタージュが上位候補か。

7Rタスマンハイウェイ ☆☆☆
 ハイペースを先行して押し切り未勝利勝ちした前走が好内容。去勢明けになるが、1週前に好時計をマークしており仕上がり良好。能力全開なら1勝クラスでも力は足りそう。ダートで安定しているランドアーティスト、堅実なダノンマヴロス、好仕上がりのルドヴィクスが強敵か。

10Rマティアス ☆☆
 長期休養明けになるが動きは悪くはなく、過去の対戦比較から3勝クラスでも通用する下地もある。課題のスタートさえ決まれば、上位食い込みがあっても。前走は見せ場十分の2着だったジゲン、末脚堅実なニシノホライゾン、昇級初戦の前走で2着とメドを立てたワルツフォーランが上位候補か。


<山崎啓介>
1982年生まれの北海道出身。2007年に専門紙「一馬(現・優馬)」に入社。美浦の想定班で、若手の調教師、騎手との繋がりが深い。現在も「優馬」のホープとなるべく、日々勉強中。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示