【梅ちゃん先生 特別編】9日中京11R ラスールで堅い

【梅ちゃん先生 特別編】9日中京11R ラスールで堅い

2022年1月9日 08:00

 本紙の予想コラムでは中山11R・ポルックスSのドリュウで大穴を狙ったが、中京11R・シンザン記念は一転して手堅くラスールを狙う。

 後続を楽に3馬身半突き放した圧巻のデビュー戦。「新しいグランアレグリアです」。手綱を取ったルメールは主戦を務めた名牝になぞらえながら絶賛した。出遅れても労せず好位につけられるスピード、スローペースでも折り合えるコントロール性、ラスト3F11秒2~11秒5~11秒6のハイラップを楽々抜け出す瞬発力。桜花賞から引退レース、マイルCSまでG16勝のグランアレグリアにも見劣らない性能だ。

 半兄シャケトラは父マンハッタンカフェ譲りの持久力で芝2200メートル以上のG23勝を挙げた。ラスールの父は昨年の東京スポーツ杯2歳S優勝イクイノックスなど大物産駒を輩出するキタサンブラック。クラシック級の逸材だ。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示