【浜田・東京本社ワンモアトライ】29日中京11R シャマルの進撃はまだ続く

2022年1月29日 08:00

 伊賀S。ほぼ毎週のように通う東京、中山と違い、ローカル場に赴くのは年に数回程度。ゆえに記憶が鮮明に残る。シャマルは昨夏の新潟開催で最も印象に残った1頭。初戦の2秒9差大敗から、ブリンカーで一変。未勝利から危なげない勝ちっぷりで3連勝を飾った。前走の良馬場で1分9秒8はオープン級の好タイム。昇級だが3勝クラスなら難なく突破できる算段だ。

 中京は初めてだが、新潟のレースぶりから左回りは当然歓迎。500キロ超の大型馬で直線の坂も苦にしないだろう。爪の不安で休養が長引いたが、年明けからコースと坂路を併用して、しっかり負荷をかけており、仕上がりに不安はない。砂の短距離なら上を目指せる器。馬名は「ペルシャ湾岸に吹く風」が由来だが、その響きは何となく忍者を連想させる。伊賀Sはピッタリかも!?(3)から。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示