ユニコーンSの枠順が確定!

2022年6月17日 10:30

 貴重なJRA3歳ダート重賞「第27回ユニコーンS」。直近10年の優勝馬から多数のGⅠ馬が誕生している出世レースだが、世代最初のダート重賞にだけに力関係は未知数。今年もさまざまな路線から実力馬が集結し、難解な一戦となりそうだ。

 4枠6番のジュタロウは新馬戦が圧巻だった。勝負所で早目に動いて先頭に立つと、そのまま後続を離して2.4秒差の快勝。前走は足抜きのいい馬場に対応して1分34秒8の好時計でV。ここでも父アロゲート譲りの能力を発揮できるか。1枠1番のハセドンはダート転向後3連勝と全く底を見せていない。前走は最後方から次元の違う脚で追い込んで優勝。上がり3Fも34秒3と驚異の数字をたたき出した。

 海外で揉まれて力をつけた馬たちも参戦する。2枠2番のセキフウはサウジダービー→UAEダービーと転戦。国内でも兵庫ジュニアGP制覇(園田)など実績豊富で、昨年10月以来のJRAレース出走でも心配はなさそうだ。同じくUAEダービーに出走したコンバスチョンは2枠3番に入った。2走前に今回と同舞台のヒヤシンスSを快勝。2歳時には交流G1全日本2歳優駿2着とマイル実績では一歩リードしている。

 中の人注目は芝からダートに初挑戦する6枠10番のインダストリア。前走のNHKマイルCでは2番人気に支持されるも5着に敗れ、鞍上のレーンは「上位とは瞬発力の差が出た」とコメント。芝のGⅠでは切れ負けする形になったが、リオンディーズ産駒はダートで活躍する馬も多い。初砂でも好勝負を期待したい。

特集

この記者のコラム

他の記者のコラム

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示