【クイーンS】50歳内田、「さすが」の騎乗機会重賞3連勝へ シャドウディーヴァと初コンビ

2020年7月31日 05:30

美浦トレセンの内田博幸騎手(撮影・西川祐介)

 今月26日に50歳の誕生日を迎えた内田博幸。中央競馬では現役7人目の50代騎手となった大ベテランは現在、ラジオNIKKEI賞(バビット)、七夕賞(クレッシェンドラヴ)と重賞騎乗機会2連勝中。自身初となる3連勝を懸け、今週のクイーンS(札幌)でシャドウディーヴァに騎乗する。若手の台頭を冷静に受け止めつつ、おじさん世代の希望の星が新たな勲章を手にするか。一方、ステイゴールド産駒はJRA全10場重賞制覇の偉業に挑む。

 自身初の重賞騎乗機会3連勝を懸けて、内田が2年ぶりに札幌へと向かう。クイーンSでコンビを組むシャドウディーヴァは初騎乗。「乗ってみないと分からない面もあるから」と断った上で「これまでのレースを見る限り、伸びてくる時の脚は凄くいい。その脚を使えるよう、道中は馬の気持ちを損ねないように乗りたい。メンバー的には、やれていいと思う」。ベテランらしく自然体の答えの中に手応えをにじませた。

 直前の落馬事故による“代打騎乗”だったバビットでラジオNIKKEI賞を制覇。翌週の七夕賞では主戦を務め、共に鍛え上げてきたクレッシェンドラヴをVへと導いた。自身5度目の重賞騎乗機会2連勝。芝に限れば6月のエプソムC(ダイワキャグニー)から3連勝中だ。「平場は全然勝てていないから…。好調とは言えません」。謙虚に語る一方で、独自の騎手哲学を切り出した。「目立つところで勝たせてもらったのは本当にありがたい。我々はファンに応援してもらい、馬券を買ってもらう立場。目立つのは凄く重要なこと。今回で言えば人気薄でも、乗り替わりでも、人気のある馬でも結果を出せたのは良かったと思う」

 今月26日、50歳になった。「僕は100年計画だから。まだまだ半分ですよ」。そう笑い飛ばすが、中央競馬の50代の現役騎手は最年長54歳の柴田善を筆頭に他に6人しかいない。「技術が向上し、レベルの高い若手が育っている。そういう中でベテランも“さすが”という騎乗を見せたい」。後輩たちにファイティングポーズを取った上で勝利への飽くなき探究心も忘れない。「年齢は関係ない。技術には終わりはない。負けたと思えば負けになる。若手がいい騎乗をしたら、それはどんどん吸収していきたい」。今回勝てば重賞3連勝に加え、初の札幌重賞V。50歳の内田はライバルに、そして自分自身の限界に挑み続ける。

 ◆内田 博幸(うちだ・ひろゆき)1970年(昭45)7月26日生まれ、福岡県出身の50歳。89年に大井競馬所属でデビュー。地方通算3145勝を挙げ、08年にJRA移籍。09年に146勝を挙げリーディングを獲得。JRA通算1万1366戦1245勝。重賞は10年ダービー(エイシンフラッシュ)など53勝。1メートル55、49キロ。血液型B。

特集

2020年7月31日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示