【天皇賞・秋】(5)ウインブライト、休養明けも前進 畠山師「変わらず来ている」

2020年10月31日 05:30

 ウインブライトはダートコースで軽めの調整。経験豊富な6歳馬だけに落ち着き払った様子だ。畠山師は「変わらず来ている。いい時と比べると、まだまだだけど一歩一歩前進している感触はある」とコメント。

 蟻洞(ぎどう=爪に空洞が生じる疾患)の影響もあり、実戦は中山記念(7着)以来。「休み明けでどんなレースができるか」と慎重な口ぶりだった。

特集

2020年10月31日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示