クロフネ死す…芝&ダートG1制覇、種牡馬としても活躍 松田師感謝「記憶に残る成績」

2021年1月19日 05:30

01年JCダートを制したクロフネ

 01年NHKマイルC、JCダートと芝、ダートの両G1を制し、種牡馬としても活躍したクロフネが17日午後2時、けい養先の社台スタリオンステーション(北海道安平町)で老衰のため息を引き取った。23歳だった。18年まで種付けしていたが、19年は体調が優れないため種付け中止。20年に種牡馬を引退して、社台SSで余生を過ごしていた。社台SSの徳武英介氏は「とてもフレンドリーな馬でスタッフからよく可愛がられていた。皆ショックを受けていますが感謝の気持ちでいっぱい」と語った。

 現役時代に管理した松田師は「記憶に残る成績を残してくれたと思います」としみじみ振り返った。01年から制限付きながら外国産馬にクラシックの門戸が開かれた。その初年度にダービー出走(5着)。「ネーミングにインパクトがありました。芦毛なのにクロフネという名前で、黒船来襲そのものの走りでしたね」。天皇賞・秋出走が外国産馬2頭制限のためかなわず、やむなくダート路線に転じたのが転機。武蔵野Sで1分33秒3の超速タイムで圧巻V。続くJCダートも7馬身差の圧勝で、同年のJRA最優秀ダートホースに選出された。「多くのファンの支持を得ていた馬ではないでしょうか。本当にありがとう、という気持ち。安らかに眠ってほしいです」と別れを惜しんだ。種牡馬としては牝馬の一流馬が多く、芝のスプリント、マイルのG1馬を次々送り出した。直近のG1馬が4連勝で阪神JFを勝ち、最優秀2歳牝馬を受賞した白毛馬ソダシ。今年2歳世代がラストクロップとなる。

 ◆クロフネ 父フレンチデピュティ 母ブルーアヴェニュー(母の父クラシックゴーゴー)98年3月31日生まれ 栗東・松田国英厩舎所属 馬主・金子真人氏 生産者・米国 戦績10戦6勝 総獲得賞金3億7023万5000円。01年JRA最優秀ダートホース。

特集

2021年1月19日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示