【AJC杯】菊花賞以来の実戦ヴェルトライゼンデ 橋口助手が太鼓判「力を付けてパワーアップ」

2021年1月19日 05:30

 ヴェルトライゼンデは菊花賞7着以来の実戦復帰。1週前は池添を背にCWコースで6F81秒5をマークし、半馬身先着した。橋口助手は「年末に帰厩してから順調に調整を進めています。日曜(17日)の坂路で一瞬の反応が凄く良くなっていました」と太鼓判を押す。明け4歳を迎えて「力を付けてパワーアップしています。中山で結果(19年ホープフルS&20年スプリングS2着)を出しているので、タイトルを獲りたい」と意気込んだ。

特集

2021年1月19日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示