【新馬戦総括】オメガロマンス高評価 距離が延びてさらに良化期待

2021年1月19日 05:30

 土曜中山6Rの芝1600メートル戦を制したオメガロマンスの勝ちっぷりが目立った。4角14番手から上がり3F33秒5の末脚で直線一気を決めた。鞍上の横山武が「マイル戦は忙しかった。最低でも1800メートルくらいは欲しい」と回顧する中での差し切りV。全姉はオークス馬ヌーヴォレコルトだけに、距離が延びてさらに良さが出そうで、クラシック路線に乗ってきそうな一頭だ。

 中京芝2000メートル戦を勝ち上がったインフィニタスは、2角で先頭に立ちマイペースに持ち込んで押し切った。モマれた際が課題で、次走は試金石になりそう。

特集

2021年1月19日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示