【アイビスSD】オールアットワンス あふれる躍動感、中舘師も期待

2021年7月22日 05:30

ウッドチップコースで追い切るオールアットワンス(撮影・郡司 修)

 オールアットワンスはWコース単走で4F52秒4~1F12秒1。中舘師は「先週までに馬ができているのでオーバーワークにならないよう半マイルの追い切り。美浦でこれだけしっかり調教をやれたのは初めて」と充実ぶりを伝えた。母シュプリームギフトはスプリント重賞で活躍。「スピードある母系で(母の父の)ディープインパクトらしいバネもある。重量51キロ、ローテーションともにいいので楽しみ」と期待した。

特集

2021年7月22日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示