【アイビスSD】モントライゼ 納得の仕上がり、松永幹師「荒れた馬場の中でいい時計が出ました」

2021年7月22日 05:30

坂路で追い切るモントライゼ(撮影・亀井 直樹)

 3歳モントライゼは坂路単走で4F52秒0~1F12秒3。低い姿勢で力強く登坂した。松永幹師は「(開門から)時間がたって荒れた馬場の中でいい時計が出ました。坂路中心に順調に仕上がりました」と好仕上がりをアピール。初めての直線競馬に「やってみないと分からないけど、これがいいキャリアになれば。重量(53キロ)のアドバンテージを生かしたいね」と期待を込めた。

特集

2021年7月22日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示