【アイビスSD】アルミューテン しっかり伸びた、南田師「外枠なら前に行けるはず」

2021年7月22日 05:30

 格上挑戦ながら動きが目立ったのがアルミューテン。坂路を単走で追われ、4F52秒7~1F12秒2。南田師も「しまいまでしっかり伸びて動きは良かった」と満足げだ。前哨戦に当たる韋駄天Sで見せ場たっぷりの4着。その後2戦は結果が出ていないが、千直に戻れば再び好走も。「間隔を詰めて使えているのは元気な証拠。外枠なら前に行けるはず」と話した。

特集

2021年7月22日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示