【ジャパンC】(3)ブルーム&(18)ジャパン オブライエン厩舎の2頭出し

2021年11月26日 05:30

ブルーム(右)とジャパン(撮影・郡司 修)

 実績はオブライエン厩舎の2頭が上だ。ブルームは父オーストラリアで、その母がジャパンCで最後に馬券になったウィジャボード。ガリレオ×ウィジャボードという欧州最高の配合から出たダービー馬を父に持つブルームが、長らく続いた外国馬不振を打破するか。ジャパンは実績的に一番の存在だ。2頭は一緒に千葉・白井の競馬学校で調整後、東京競馬場に移動。パトリック・キーティング助手は「両馬ともキャンターを2本こなせるほど調子が良い。自信を持ってレースに臨むことができます」とコメントしている。

特集

2021年11月26日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示