【ジャパンC】(18)ジャパン インターバルトレーニング調整、陣営「馬場適性高い」

2021年11月27日 05:30

 武豊騎乗で話題のジャパンは芝コースには入らず、ダートコースでいつものようにブルームの右後方を追走する形でインターバルトレーニングをこなした。2本目は馬なりで1馬身追走し、6F84秒7~3F40秒0~1F13秒2で半馬身遅れ。パトリック・キーティング調教助手は「馬場適性は高いと思っている。ユタカ・タケはレジェンド。国内外で活躍する優秀なジョッキーの一人。期待している」と話した。

特集

2021年11月27日のニュース

ご使用のブラウザでスポニチ競馬Webをご利用いただけません。

お客様がお使いのブラウザはスポニチ競馬Webでサポートされておりません。

以下の対応ブラウザからご利用くださいますようお願いいたします。

クリックで非表示